ファッションポジウムを終えて

ファッションポジウムが終わって、しばらくはバタバタが続き、やっと一息つきました。

当日は1000人を超える来場者が訪れ、最後のみんなのファッションショーでは、安田講堂の舞台に列ができるほどの大盛況でした。

今考えてみても、ファッションポジウムでの3時間が実現するまでに奇跡の連続だったなぁと思います。

 

実は、三ヶ月前まで資金はなく、肝心のショーを行う作品もない状態だったのです。

 

まず、ファッションポジウムの構想を練り始めたのが2017年の10月。

出会って間もない安冨先生に、「ファッションショーやりたいんですが、どこかインパクトのあるところないですか?」と聞いたら「では安田講堂はどうですか?」と言っていただいたのが発端。

まさかそんな答えが返ってくるなんて想像もしていませんでした。

 

場所は、安田講堂でやろう!!と決まったものの、資金はどうする?となりました。

立ち上げて間もないブランドで、売り上げもまだまだ、利益も蓄えもない状態です。

 

文にすると長くなるので、箇条書きにすると

 

・10月 、安田講堂でやろう!と場所が決まる。

・資金がないのでスポンサーを探し回る。

・11月、NHKでブローレンヂの取り組みが放送される。

・百貨店の丸井グループがスポンサーについてくれる。

・2月、試作品製作のために融資を受けに年末から銀行を回っていたが、ついに全て断られる。

・一月万冊の清水さんに「自分でクラファンやり!」とアドバイスをいただく。

・3月、月末頃にセルフでクラウドファンディングを立ち上げる。

・女優の木内みどりさんから100万円の出資をいただく。その後も順調にご支援が集まる。

・4月、デザインを縫製工場に送る

・5月、月末ギリギリに全ての作品が出来上がる。

・6月3日、安田講堂でファッションポジウムが実現。

ざっとですが、箇条書きにしただけでも、ハラハラするほど、奇跡の連続でした。

お客様や、周りの協力なくしては絶対にできなかったと、今しみじみ思います。

 

当日のことは、次のブログで。

 

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です