blurorange の特徴

生地へのこだわり

blurorangeのお洋服は、上質な日本製の生地を採用しています


・上質な生地にこだわる理由

ずばり、上質な生地は肌の質感をカバーしてくれます。
極端な話ですが、肌に張りや艶がある10代の頃は安価な生地の服でも難なくおしゃれに着こなせます。悔しいですが、若い女性は肌がぴちぴちなので安価な生地に負けることがないのです。
しかし、年齢を重ねるとどうでしょうか。年々肌の張りと透明感が失われ、たるみやくすみが出てきます。


張りがない肌 × 安価な生地 = より一層老けて見える


このように悲しい負の反応が起きてしまうのです。

では男性の肌はどうでしょうか。
男性の肌は女性の肌よりも30~40%も水分量が少ないと言われています。
女性の肌はみずみずしく柔らかくて弾力性があるのに対し、男性の肌はキメが粗く、皮脂分泌が多いそうです。これでは先ほどの負の反応が起きてしまいますよね。


きめが粗い肌 × 安価な生地 = ワイルド


今までレディース服を着てもなぜかしっくりこないと感じていた人は、生地の質感にも問題があったのかもしれません。blurorange
は男性をより一層美しく魅力的に見せるお洋服づくりを目標としています。
それには、上質な生地が必要不可欠と考えています。





・日本製の生地の本当の魅力

生地で有名な国といえば、イタリアやイギリスが有名ですよね。
イタリアは柔らかく艶があり軽やかな生地。
イギリスは耐久性がありしっかりとした生地。
日本の生地はというと、イタリアの柔らかさとイギリスの耐久性を兼ね備えているといわれています。いわば良いとこ取りの生地なのです。
blurorangeが日本製の生地にこだわるのにはもう一つ理由があります。
日本の繊維メーカーは、日本の四季に合わせた生地作りをしているそうです。
気候に合わせて綿やポリの混合率や糸の太さを調節しているので、日本人のお洋服をつくるのにぴったりな生地なのです。
また、blurorange のお洋服の多くは、小紋工房という伝統的な日本の織物を守りつつ新しい素材やモダンなデザインを取り入れている工房で作られた生地を採用しています。この工房で作られた生地は繊細で肌触りがよく、耐久性に優れています。


・肌の質感をカバーする上質な生地

・日本の気候に合わせて織られた生地

・日本の伝統芸術とモダンなデザイン



こだわりすぎと言われるかもしれませんが、普通のレディースとは違うお洋服、男性を女性らしくみせるお洋服を作るからこそ、細部にまでこだわらなければならないと思っております。



素敵な生地で、素敵なお洋服で、素敵な日常を

  毎日新聞様に取材していただきました。

「おしゃれ 性別 関係なし」

twitter 

新作やお得な情報などはtwitterをチェック!

気軽にフォローしてください♪

ちー blurorangeブローレンヂ

https://twitter.com/blurorange_jp

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページでの注文は24時間受け付けております。
電話でのお問い合わせは、平日の午前11時から午後5時までとなっております。

ページトップへ