blurorange の特徴

生地へのこだわり

blurorangeのお洋服は、上質な日本製の生地を採用しています


・上質な生地にこだわる理由

ずばり、上質な生地は肌の質感をカバーしてくれます。
極端な話ですが、肌に張りや艶がある10代の頃は安価な生地の服でも難なくおしゃれに着こなせます。悔しいですが、若い女性は肌がぴちぴちなので安価な生地に負けることがないのです。
しかし、年齢を重ねるとどうでしょうか。年々肌の張りと透明感が失われ、たるみやくすみが出てきます。


張りがない肌 × 安価な生地 = より一層老けて見える


このように悲しい負の反応が起きてしまうのです。

では男性の肌はどうでしょうか。
男性の肌は女性の肌よりも30~40%も水分量が少ないと言われています。
女性の肌はみずみずしく柔らかくて弾力性があるのに対し、男性の肌はキメが粗く、皮脂分泌が多いそうです。これでは先ほどの負の反応が起きてしまいますよね。


きめが粗い肌 × 安価な生地 = ワイルド


今までレディース服を着てもなぜかしっくりこないと感じていた人は、生地の質感にも問題があったのかもしれません。blurorange
は男性をより一層美しく魅力的に見せるお洋服づくりを目標としています。
それには、上質な生地が必要不可欠と考えています。





・日本製の生地の本当の魅力

生地で有名な国といえば、イタリアやイギリスが有名ですよね。
イタリアは柔らかく艶があり軽やかな生地。
イギリスは耐久性がありしっかりとした生地。
日本の生地はというと、イタリアの柔らかさとイギリスの耐久性を兼ね備えているといわれています。いわば良いとこ取りの生地なのです。
blurorangeが日本製の生地にこだわるのにはもう一つ理由があります。
日本の繊維メーカーは、日本の四季に合わせた生地作りをしているそうです。
気候に合わせて綿やポリの混合率や糸の太さを調節しているので、日本人のお洋服をつくるのにぴったりな生地なのです。
また、blurorange のお洋服の多くは、小紋工房という伝統的な日本の織物を守りつつ新しい素材やモダンなデザインを取り入れている工房で作られた生地を採用しています。この工房で作られた生地は繊細で肌触りがよく、耐久性に優れています。


・肌の質感をカバーする上質な生地

・日本の気候に合わせて織られた生地

・日本の伝統芸術とモダンなデザイン



こだわりすぎと言われるかもしれませんが、普通のレディースとは違うお洋服、男性を女性らしくみせるお洋服を作るからこそ、細部にまでこだわらなければならないと思っております。



素敵な生地で、素敵なお洋服で、素敵な日常を

骨格の違いを計算した設計

一番の特徴は、男性の体形に合わせて一からお洋服を作っていること。

blurorangeのお洋服は、デザイン・型紙設計・縫製、すべての工程で男性のための可愛いお洋服を作るための工夫があります。

そこまでする必要があるのか?

あるのです!!

まず、初めに、男女の体形の違いからお話したいと思います。
皆さんお気づきだと思いますが、男と女では体形が全く違います。
平均身長も、体重も違いますよね。しかし、そんな単純な違いだけではありません。

下の画像は日本人の男女の平均のデータです。

ブログ


男性は、肩幅が広く、肋骨がハノ字に広がっています。
女性は、肩幅が狭く、肋骨はやや内に入る形をしています。

腰回りの肉付きがいいですし、それによりウエストのくびれが明確です。

男女とも同じ身長に合わせたとしても、上記の特徴は変わりません。


続いての画像は、男女の洋裁用のマネキンを同じ身長になるように調整して比較したものです。
その差は一目瞭然。肩幅やお尻の大きさ首の太さだけではなくウエストの高さも違いますよね。
また、この画像では解らないですが、腕の長さは男性の方が5センチ程度長いといわれています。

これでは、女性用に作られた服を男性が着ることに無理があるのは当然です。

ブログ



以下はメンズ体型の方のお悩みの声です


・肩幅が苦しい
・脇に食い込んでいたい
・袖丈が短い
・着丈が短い
・ウエストがきつい
・ウエスト位置が落ち着かない
・ファスナーが上がらない
・首回りが苦しい


これだけ骨格が違うんだからそりゃそうですよね。


また皮肉なことに、みなさんが憧れを抱くかわいい系のブランドのほとんどが、小さいサイズの服しか作っていません。
表記にフリーサイズと書いてあってもその実態はSサイズです。一説には、可憐で華奢なブランドイメージを守るための戦略としてわざとそうしているとも言われています。
逆に、 大きいサイズの服はふくよかな人を想定して作られているため、胴回りはぶかぶかだけど着丈が足りなくてお腹がでてしまったり、袖丈が足りなくてアンバランスになったりしてしまうため、メンズには不向きでした。

そもそも、大きいサイズの服はミセス向けのブランドで、色味も地味なものが多いですよね。

では、みなさんが、可愛い服をおしゃれに着るにはどうしたらいいでしょうか?
答えは簡単です。男性の体形に合わせて作られた可愛いお洋服を着ればいいのです!

それを作っているのが blurorange なのです!!


blurorange のお洋服は、メンズのボディを使い立体裁断という技法で基礎となる型を作っていきます。この立体裁断は平面製図よりも手間がかかりますが、より美しく着心地の良い服を作るには欠かせない工程です。高級ブランドのほとんどは立体裁断で作られています。

blurorangeのお洋服は、男性の体形をベースに女性らしいラインにみせるため様々な工夫をし形を整えています。
blurorangeのパターンは長年レディースを担当されていたベテランのパタンナーにお願いしているので、メンズベースなのに、女性らしく見える絶妙なバランスで仕上げてくれています。その技術は本当にお見事です。

burogu

今まで、可愛い服を買ってはタンスの肥やしにしてきたあなたに、ぜひblurorange のお洋服を着ていただきたいです。
きっとその価値を感じていただけると思います。

sns

新作やお得な情報などをチェック!

 

おすすめリンク

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページでの注文は24時間受け付けております。
電話でのお問い合わせは、平日の午前11時から午後5時までとなっております。

ページトップへ