セルフクラウドファンディング

価格: ¥30,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

活動レポート!! スタート9日目にして、目標金額のの半分の150万円分のご支援が集まりましたので、3月29日より、試作品の製作に取り掛かりました。そして、この中から今のところ2型商品化できるようになりました!!

皆様ご協力ありがとうございます。
引き続きご支援よろしくお願いいたします。


今回のNew Collectionは、レトロガールをイメージ。

オードリー・ヘップバーンのように、かわいらしさと凛とした美しさを兼ね備えたお洋服をデザインしました。

2018年、晩夏
New Collectionに向けてクラウドファンディングを実施します。

【目標金額 300万円】

【ご支援一口 30,000円】(何口でもOK)

【お返し】 
一口につき
・ワンピース 1着
・トップスとスカート 1セット
・トップス 2着
・スカート 2着
のいずれかをお選びいただけます。

サイズ展開は、M,L
商品のお渡しは7月~8月頃を予定。

※イラストのすべてを商品化できるわけではありません。
※お返し品は、商品化したアイテムの中から、後日お客様にお選びいただきます。
※もし、ご支援金額の総額が少なく、一つも商品化できない場合は、今ある商品の中からお返しいたします。ご理解の程よろしくお願いします。(順調にご支援が集まっておりますので商品化できることになりました。この問題はクリアできました。)


TG(トランスガール、トールサイズガール)、AG(アスリートガール)が美しく輝くデザイン。


大きいサイズのお洋服はただ横に大きいだけで、背が高い方や、肩幅がある方が着ると、必要なところは足りず、不必要なところがブカブカになるんですよね。
ぴちぴちのお洋服では、着心地も悪いし、なによりおしゃれではありません。

そんなサイズ問題もブローレンヂなら解決できます。

デザインの段階から、TG、AGを美しくみせる工夫がいっぱい。
設計も熟練の職人さんによる手仕事による立体裁断で着心地も抜群です。



【セルフクラウドファンディングを実施する経緯】

New Collectionの製作にあたり、いくつもの銀行に融資を申し込みに行ったのですが、「今までにない商売なので先が読めない」「売り上げが上がってから来てください」と厳しい回答をいただきました。
売り上げを上げるための商品を作るために融資をお願いしたのですが・・・。
銀行とはそういうものなのだと、あきらめました。
そこで、セルフクラウドファンディングを実施する運びとなりました。
今回はクラウドファンディングの会社を通さずに、このように自社サイトで行うことにしました。
というのも、ご支援いただいた合計金額から20%前後の手数料をクラウドファンディング会社に支払い、そのうえ、入金されるのがプロジェクト終了してから2か月後になるからです。宣伝目的ならばそれでいいと思います。
しかし、今回は、6月3日に東京大学の安田講堂で行うファッションポジウムでのファッションショーに間に合わせないといけません。
しかもその後、百貨店の丸井での販売イベントも控えています。悠長なことはいっていられません。
ブローレンヂを立ち上げたばかりの頃は、今までにない事業でも一人で何とかやっていこう!!と意気込んでいましたが、どうやら一人では無理のようです。私には、知恵と技術はありますが、資金だけがありません。
「生まれ持った性別や体型に縛られずに自由にファッションを楽しめる世の中」を本気で作りたいと思っております。
どうか皆様、ブローレンヂを支えてください。よろしくお願い申し上げます。



【ブローレンヂの紹介】

2017年6月に、メンズサイズのかわいいお洋服ブランドとして誕生。

男性として生まれてきたが、女性らしいお洋服を着たいという方向けにお洋服を展開。
近年注目されるトランスジェンダー、トランスヴェスタイトは、体格が男性ゆえ、洋服選びに困っている人が多い。大きいサイズのレディース服などでは、肩幅や袖丈、着丈などはカバーできない。それは、男女で骨格、肉付きが違うからである。そこに着目し、メンズのトルソーを使い、認知心理学の目の錯覚などをデザインに取り入れ、男性でも着心地よく、しかも可愛らしくみえる洋服を実現させた。
10月にクラウドファンディング(マクアケ)で多くの支援を集め、目標金額の309%を達成。


・松村智世(31) ファッションデザイナー/クリエーター。
幼い頃から男の子っぽい服が好きで、兄のお下がりを自分のサイズにリメークするなどハンドメイドを開始。
高校卒業後、紳士服店やレディースアパレルなどで働いた後、25歳で関西大学へ進み心理学を専攻。認知心理学や性同一性障害について学び、服のデザインに錯視(視覚による錯覚)を取り入れることを考案。
大学卒業後、服飾専門学校で服作りの基礎を勉強。 2017年6月blurorange立ち上げ。



【メディア情報】

・毎日新聞 2017年9月22日 大阪朝刊
  「男性骨格に合わせたレディース服 おしゃれ、性別関係なし」

・ねとらぼ 2017年10月2日 
性別や体格に縛られないおしゃれを 男性の骨格でもかわいく着られるガーリーなカーディガン登場

・ハフィントンポスト 2017年10月28日
  男性がかわいいワンピースを着ても、いい。 性別や体型にとらわれない新ブランドの思い」

・NHK大阪 2017年11月13日放送  
おはよう関西 「"自分らしい"洋服を」

・創元社 2018年7月頃 書籍出版予定

sns

新作やお得な情報などをチェック!

 

おすすめリンク

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日でもホームページでの注文は24時間受け付けております。
電話でのお問い合わせは、平日の午前11時から午後5時までとなっております。

ページトップへ